ステップメールの使用方法

ステップメールを使うことで、商品を購入してもらい、売上げをアップすることができます。顧客に直接連絡することができるので、売上げに直結しやすいビジネスツールです。しかし、購入してもらう、売上げをアップすることばかりに集中してしまい、しつこいメールとなってしまっては意味がなく、顧客が離れるキッカケになるので注意しましょう。顧客の心理状態をコントロールし、最終的に行動してもらうことを目的としているのがステップメールなので、ただメールを送りつければ良いと考えないようにしなければなりません。そして、伝えるべきことは最後まで隠しておき、これから特別な情報をメールで届けていくことを告知しておくと効果的です。何度もメールをすることで内容が明らかになっていき、最終的に商品を広告すると良いでしょう。

顧客の心理をコントロールすることができる

顧客には商品を購入してもらうためには、『買いたい』と思わせることが必要不可欠となります。何度もメールを送ることで、顧客の期待度を少しずつ高めていくと良いでしょう。このとき、メールに記載する文章・言葉が重要であり、それによってすべてが決定するので注意が必要です。例えば、『限定』という言葉を使うと、その希少性から顧客は『欲しい』と思いやすくなります。『期間限定』や『限定数』であることをメールで何度も通達し、それがいつからスタートするのかをお知らせすると、顧客は思わず行動してしまいます。『限定だから、今この瞬間じゃないと手に入らない。』と思っての行動なので、売上げが向上するでしょう。ワクワクしてもらうために、伝えたい内容を少しずつ明かしていくのも良いです。『何の情報なの?』と思われるため、その後のメールをしっかり読まれます。

最低限の工夫をメールに施す必要がある

ステップメールで最も注意すべきことは、最低限の工夫を施しているかどうかです。まず、見やすいかどうかで、メールが読まれるかどうかが決定します。読みづらい長文を続けても、途中までしか読まれない可能性が高くなるので、空行を挟み、読みやすい状態にしなければなりません。また、より確実に読んでもらうために、送信するタイミングに注意しましょう。メールが最も読まれやすい朝と夜に送信することで、開封率がアップし、しっかり情報を伝えることができます。さらに、メールの最後の方に、次のメールがいつ届くのか広告しておくと良いでしょう。メールが来ることを意識させておけば、さらに開封率が高くなるので、売上げ向上にも繋がります。そして、顧客に興味を持ってもらうために、インパクトある件名を入れておくと良いでしょう。